竹村活版室

雑記帖

本年も、ありがとうございました。

2012年12月30日

2012年も年の瀬になってしまいました。
毎年、一年経つことがどんどん早く感じられますが、やっぱり今年も。 

竹村活版室を訪れてくれたみなさま、ほんとうにありがとうございました。
また今年は多くのイベントに参加させていただきました。
数えてみると、8つ!

  3月『ふるもの市 その七』,『カタシの花祭り ~休校プロジェクト in いの~』
  5月『活版凸凹フェスタ2012』(→築地活字さんのブースにて委託展示販売のみ),『densai』
  9月『くらしの道具市』,『とさっ子タウン 2012』
10月『ふるもの市 その八』
12月『紙ものまつり in 高知』

活版機を持ち出し、実演販売をしたり、たくさんの方々に活版体験をしていただきました。
改めて考えさせられる事や課題も見つかりました。
いずれもとても良い経験、糧になっています。
ありがとうございました。

さて、来年はもう少し、じっくりと取り組む一年にしたいと考えているところです。
良いおしらせをたくさんお伝えできるよう進んで行きたいと思っていますので
どうぞよろしくおねがいいたします!

穏やかな良いお年をお迎えください。

年明けは1/4よりスタート。
※1/4,5は12:00〜17:00、1/9より通常12:00〜18:00
※定休日は日・月・火です

おるがん社謹製・印刷工の陶製人形と、素描家しゅんしゅんさんからのお手紙に描き添えられた活版印刷機。

冬やすみのおしらせ

2012年12月22日

年内の店舗営業は
12/26(水)まで(メール対応は12/28まで)
年明けは1/4より
スタート。
※1/4,5は12:00〜17:00、1/9より通常12:00〜18:00
※定休日は日・月・火です

また、年末年始以外に1/19〜24まで冬休みとさせていただきます。
ご不便おかけしますがよろしくおねがい致します。

素描家 しゅんしゅん「39 years old」「砂時計」ポストカード

2012年12月20日

広島に住む素描家、しゅんしゅんさんの素描画ポストカード。
『39 years old』
『砂時計』
 活版印刷でお手伝いさせていただきました。
そしていま竹村活版室でも販売中です。
 

世界中の39歳の方たちへ、愛込められた年輪。
さするとかすかな凹凸が感じられます。
添えられた「39 years old tree」は金属活字〈センチュリーオールド〉を組んで印刷。
照れ屋さんの、いや、照れ屋さんへ贈る「サンキュー!」カードとしても…
いかがですか?

横にすると無限大∞マークにも似た砂時計。

言葉を発さずただ落ち弾けゆく砂。
音が聞こえてきそうな不思議な時間と、やわらかな空間。
この、しゅんしゅんさんの独特の線と空気がとても好きです。

細い線のタッチが活きるよう、インキの量と印圧の具合を調整しています。
まるで直に描かれているかのように仕上がりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところでちょっと、小話を。
しゅんしゅんさんといえば、terzo tempoで画集を拝見してからずっと、
とても気になる存在の方でした。
生まれが高知ということで、時々高知に帰って来られるのだそうです。

秋めいてきた今年の10月の終わりごろ、しゅんしゅんさんより一通のメールが届きました。高知に行くので、活版室を訪れたいという内容。
メールから数日後、しゅんしゅんさんは本当にやってきてくれました。
この二つのポストカードのイメージ図を持って。

その半月後に迫った「瀬戸内生活工芸祭」(11/23.24開催)に出展される際、ポストカードを販売したい、とのこと。 
スケジュールにはあまり余裕がありませんでしたが、そのぶん息を合わせて、そして集中。
とても楽しくやり取り、進行することができました。
(その後無事、工芸祭で初お披露目されたそうです)

これを機にこれからも何かご一緒できたらいいな。と勝手に思っておりますが
お互いに交わした「四国〜中国エリア仲間としてこれからもよろしくお願いします!」という言葉に、これからの新しくて楽しい予感が詰まっているのでした。

高知では以前より、terzo tempoとDENにて、しゅんしゅんさんの素描画集が取り扱われています。
まだご覧になったことのない方は、そちらもあわせてぜひ。 
詳しくは > 素描家しゅんしゅん  http://www.shunshunten.com/