竹村活版室

雑記帖

『まなべ商店誕生祭』(と、店主のこと)

2013年6月17日

四国のまんなかに、四国のおいしいものを集めた「四国のおいしいもの屋 まなべ商店」がオープンします。

6月23日に正式オープンするそうですが、その日はひっそりとだそうで(案外照れ屋な店主)、6月29日に「まなべ商店誕生祭」という名のオープニング記念イベントが開かれます。

店主・眞鍋久美さんが生まれ育った高知と、今暮らしてそしてこれから「まなべ商店」の拠点となる四国中央市の、店主のお世話になっている農家さんやお店屋さんや作家さんが集まります。

私、竹村活版室も出店させていただきます。
(そのため実店舗はお休みいたします)
消しゴムはんこ作家asakozirusiさんのはんこと、竹村活版室の活版の、コラボ体験メニューを考えています。

美味しいもの、楽しいものがぎゅっとつまった一日になることと思います。
ぜひ遊びにお越しください!

/////////

『 まなべ商店 誕生祭 』
日時 2013年6月29日[土]
   11:00~17:00
会場 まなべ商店(愛媛県四国中央市豊岡町長田168-1)

大雨中止 /入場無料

詳細はこちら > 「土佐人のウキウキブギウギ高知周辺ウロウロブログ」 
        「まなべ商店」facebookページ 

/////////

余談ですが、店主の久美さんとはかれこれ10年のおつきあいになります。
前職時代、同じ会社の先輩でした。
出会った頃から「いつかお店がしたい」と語っておりました。
いつか家も建てたいし、それならこんな感じがいい、と雑誌や気になるお店や家に出会うと話してくれました。
美味しいお店にたくさん連れてってくれました、しょっちゅう飲みに行きました。
山や川でキャンプしたときには、その辺の草とか魚とか採って食べて野生化してました。
とにかく好奇心のアンテナがすごい“生き物”。笑

そんな彼女は大好きな高知で思う存分生きていたのだと思いますが、途中、そんな高知を離れて四国中央市に嫁ぐことになり、見知らぬ土地で正直どう生きていこう?と迷いを持った時期も知ってます。

でも、何のその。

彼女の気持ちの赴くままに、なりゆくままに、そのストックされた全てが「まなべ商店」としてなるべくしてなったのだと思います。
満を持して 。

久美さん、おめでとうございます。