竹村活版室

雑記帖

asakozirusi 「あつまり」ポストカード

2012年11月29日

高知の消しゴムはんこ作家、asakozirusiさんの「あつまり」シリーズ。
かれこれ一年ほど前に彫られた作品。
この消しゴムはんこを活版印刷用の版に起こして一枚一枚活版印刷、
ポストカードができあがりました。

といっても、既に今年の夏頃に完成していたのですが。
ご報告が遅くなりました。
竹村活版室でも販売させていただいております。

asakozirusi「あつまり」シリーズとは。
詳しくは → asakozirusi blog 記事「あつまり」を。

小さい草花や種や実や。
家や鳥が飛ぶ町の夜(?の私の勝手なイメージ!!)。
そんな風景がむぎゅっと小さな小さな世界となっている。
それが「あつまり」。

asakozirusi、あさこさんの消しゴムはんこ。
上の写真が、消しゴムはんこの原版です。

この彫り跡がなんとも素晴らしく、見とれてしまいます。
それもそのはず。
あさこさんは彫り跡をいかに美しく残すのかをとても強く意識されているそう。

それは紙に押せば見えないところ。

活版印刷にも、活字や凸版部分以外の、紙に印刷すれば写らない余白部分があります。
でも組版されたものを見れば 、その余白部分には何も無いわけではないことがわかります。
余白を作るための、たくさんの込め物が在るのです。
活版印刷の、この「無い部分にも在る」正体を初めて知ったときの衝撃は忘れられません。
大事なことに気づかされたような気がして。

asakozirusiはんこの彫り跡、これは美の世界だなぁと思うのです。

 
図案面には何も書かず、余白を生かすもよし、
図案の下に数行したためるもよし(一筆箋のように)。
額装しても素敵だと思います。
それぞれの楽しみ方を見つけてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして旬なお知らせ、asakozirusi2013カレンダーも発売されています!
毎年人気ですぐ完売に。asakozirusi blogをチェックしてみてくださいね。