竹村活版室

おしらせ

【おしらせ】「紙とお菓子と刺繍」

2020年1月5日

1/10金曜日より、京都の小さい部屋さんでの卓上の小さな展「紙とお菓子と刺繍」にお声がけいただきました。
新しい年が始まり早々にこのような機会をいただき光栄です。

/////
2020.1.10(金)〜
「紙とお菓子と刺繍」
・竹村活版室の紙
・甘味こしらえ しおやさんのお菓子
・静彩さんの刺繍

小さい部屋
京都市中京区尾張町225番地
(麩屋町通り二条下ル)
第二ふや町ビル 201号
電話 075-748-1168
open 11:00~ 18:00
closed 木 金
/////

竹村活版室からは、オリジナル便箋やポストカード、手紙セット、のほか
紙漉き職人さんの土佐和紙、紙糸、
メンバーとして参加している「TOSAWASHI PRODUCTS」の商品も出品します。
また詳細は追っておしらせします。
どうぞよろしくおねがいいたします。

あけましておめでとうございます。

2020年1月5日

本年もみなさまにとって健やかな佳き一年となりますように。
目の前のことにコツコツと取り組み、積み重ねていきたいと思います。

お正月飾りに土佐和紙を使いたくて、お飾りを作ってみました。
年末に、ご近所の花と器Sumiさんで南天を購入し、束ねただけなのですが、田村寛さんの和紙を巻きました。作ってみると話すと、SUMIさんが水引を分けてくださいました。
(もうちょっと柄の部分が長い方がよかったかなぁ^^;)

今年も一年どうぞよろしくお願いいたします。


【つぶやき】クリスマスカード

2019年12月20日

キリスト教ではないけれど、クリスマスは好きです。

子どもの頃は、明け方に気づくサンタさんのプレゼント、母の作ったケーキと料理で家族でささやかなパーティー。
親になった今は、その準備が楽しみに(私はケーキは作れないけど)。

今年は、この一年、オーダーやデザインのご依頼をいただいてお世話になった方に、ありがとうと伝えたくてクリスマスカードを送ることにした。
磯崎裕子さんの手漉き紙にヤドリギの絵と、活字でメリーメリークリスマス。
数年前にクリスマスカードで使った活字をそのまま。
しかしなんで「メリーメリー」にしたんだったか。笑
忘れたけれど、なんとなく楽しげだし、日本のクリスマス(キーワードは、子どもの頃、昭和、平成、懐かしい)という感じに。
「Season’s Greetings」のほうが宗教関係ないようなのでちょっと迷ったが、メリーメリークリスマスに気持ちが戻った。

1月からの仕事履歴を振り返り、ありがたいなあ、と感謝しながらメッセージを書き、一人反省会となる。
来年やりたいことも思い浮かんできました。

クリスマスカードの年もあれば年賀状の年もある、それでもいいのかもしれないな。

星の王子さまの切手も使いたくて。
たくさん貼れて、至福でした。